スマートフォンの種類や機能、進化について
画面の違い

新しいモデルのスマートフォンと古いモデルのスマートフォンでは、画面に関する違いも見られます。たとえば通知領域については進化を遂げている点のひとつといえるでしょう。たとえば、誰かからメッセージが届いていることを知らせてくれるため便利なのですが、アプリを立ち上げることなく、通知領域から直接、そのメッセージの内容をチェックしたり、返信をおこなったりすることができるようになっているのです。初期状態では全アプリの通知がオンになっているのですが、通知の不要なアプリに関しては設定をオフに変更することで、必要なアプリからの通知のみに絞ることができます。

また、古いモデルのスマートフォンでは、複数のアプリを操作したい場合にいちいち画面を切り替えなければいけませんでした。それが、新しいモデルのスマートフォンでは、2つのアプリを1画面に表示させることが可能となっています。これにより、たとえば動画を視聴しながらネット検索をおこなうなどの使い方ができるようになりました。画面自体も解像度が上がっているために見やすくなっており、拡大縮小も自在におこなえます。画面の枠を極力なくすことにより、本体の小型化と画面サイズの大きさを両立しているモデルもあります。